きまぐれや弐号店

主に仕事情報。日常的なつぶやき、落書きはTwitterがメインとなってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

りぶねす最終話【週刊少年マガジン】

りぶねす最終回告知2

遅くなりました、というか明日次のマガジン発売なってしまう…

先週12月4日に発売した週刊少年マガジン1号にて、
『りぶねす』最終話『俺と妹と幼なじみ』掲載されました!!

なんやかんやしてたらブログ更新忘れてた…。

初めての週刊でしたが、なんとか全6週完走できました!!!
最終話は出来る限りギリギリまで締め切り延ばしてもらって
時間目一杯かけて執筆しました…担当さんありがとうございました!!!

短期6回という短い期間だったので、
その6回で色んなりぶねすをお見せすることが出来ればいいなと思い、
色んなネタぶち込みました。
楽しみ方は人それぞれだと思いますので、
最終回、納得いかない方もおられるかもしれませんが、
自分としては最後まで本当に楽しく描かせていただき、
やりきった!という感じです。
テンション高いキャラを動かしまくって、
漫画って楽しいなと改めて感じることが出来ました。

自分は頭のいい漫画描けないし、画力も乏しいので
週刊少年マガジンさんという歴史ある大舞台にとてもプレッシャー感じてたのですが、
為になる漫画を描ける作家さんは大勢いらっしゃるので、
自分は自分にやれる『萌えに徹する』に全力で力を注ぎました。

堂本は常に、読んで楽しくなったり、あこがれたり、癒されたり、壁殴りたくなったり
そういうエンタメに特化した漫画が描きたいと思ってます。
描いてる女の子も、こういう子が毎日近くにいたら幸せになれるのになあ、というキャラなので、
リアルではないと思います。
辛い現実に疲れたとき、読んで元気が出る、
漫画というのは多角的な見方がありますが、それもその一つだと思うのです。
自分がそういう漫画に助けられて生きてきたので、
りぶねすも、そうなれたらいいな、と思います。
いただいたコメント見ても、キャラ皆愛されてるなー…という実感が持てて、
自分のやりたいことを通せてよかったと心から思いました。

沢山ご質問いただいている、りぶねす単行本化、長期化の件ですが、
こちらはまだ未定となっております。
続編希望のコメント沢山いただき、本当にありがたいです。
続編か新作かわかりませんが、
何らかの形でまたお会いできるよう、これからも頑張っていこうと思います!!

全6回、応援本当にありがとうございました!!

最後に、
スタッフのきあま、零一、
ヘルプアシスタントの小林さん、斎藤さん、野口さん、加藤先生、
担当さん、
マガジン編集部の皆様、
お疲れ様でした、ありがとうございました!!

5話、6話お手伝いしてくださった加藤先生も
ブログにてその様子をイラストつきで書いて下さいました!
ほんまヒーローやったで…感謝…

加藤よし江先生ブログ→木星チケット

| りぶねす | 19:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。